横浜みなと介護福祉事業協同組合

「横浜発 介護事業の新しいかたち」

組合員紹介

お知らせ・トピックス

<在宅ヘルパー>
<通院介助ヘルパー>募集中!!
 人には必ず“老い”がやってきます。今はまだ20代の若者も40代の私自身も、そして私の両親にも。元気な人でも、人生の最期には介護が必要になるのです。介護とは、子供が生まれてミルクをあげることや結婚して好きな人と暮らすことと同じです。“歳を取った親の面倒をみること”は、特別なことではなく日常なのです。 日常である以上、介護疲れで病気になってしまう様な社会ではあってはならない。そんな当たり前の社会を作るお手伝いをしていただける方は是非、守の会にご連絡下さい。未資格未経験の方でも資格取得制度をご利用いただけますのでご安心下さい。

組合員一覧

特定非営利活動法人 守の会

経営理念・運営方針

~ 守の会の3つの基本理念 ~

1. 外出介助のプロフェッショナル

1997年より「ボランティア団体 市民活動グループ守の会」として移動困難者の外出介助を始め、地域住民の方々の足として、延べご利用者数7600人を超す経験と技術をこれからも生かしていきたいと考えております。

2. あなたの日常を守る“守の会”

守の会は、介護が必要なご本人様だけでなく、介助者であるあなた自身の日常を守っていきたいと考えております。

3. 古き良き日本人の魂を守る“守の会”

現代では“昔ながらの地域コミュニティー”が希薄になってしまったため、本来、日本人が持っている“優しさ”が、行き場をなくしてしまっています。その古き良き日本人の魂の受け皿となり、地域社会に貢献していけるNPO法人になりたいと考えております。

 

サービス

1997年より「ボランティア団体 市民活動グループ守の会」として発足。地域住民の移動困難者の方々の足として、外出支援事業から始めさせていただいた守の会も、2000年の介護保険開始時より、「特定非営利活動法人 守の会」となり、訪問介護事業・居宅介護支援事業と介護保険事業に展開して参りました。
開始当初は、家の前に階段が少しあるだけで病院にも行けない方々が数多くいらっしゃいました。現在では、街中で福祉車両を見る機会も多くなってきましたが、守の会は当時のご利用者様の「外に出たのは3年ぶりだよ。ありがとう」の言葉を胸に、初心忘れることなく活動させていただいております。

人材

介護保険開始前からサービスも開始させていただいておりますので、外出のお手伝いをさせて頂いた方は約1万人にも上ります。多くのお客様を介助させていただいている実績に基づいた確かな技術で、安心の確かなサービスを提供させていただきます。
地元地域で実績を積んだ居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)やベテランの訪問介護スタッフ(在宅ヘルパー)も多く在籍しております。

設備、立地、その他

1997年、たった1台の福祉車両から始まりました。当時は福祉車両を作っているメーカーもほとんど無くあまり使い勝手の良い物ではありませんでしたが、高額な改造費がかかるので簡単に増車することも出来ませんでした。
しかし、1998年に長野オリンピック・パラリンピックが開催され、会場への選手の送迎ボランティアをする為に一台を増やし、さらに日本財団様の補助金などの手助けもあり、現在では20台の福祉車両を使って皆様の外出支援をさせていただいております。
事務所は開始当初からほとんど変わらず小さなアパートの一室ですが、一人一人のニーズに対応したサービスを心掛けてまいります。

法人概要

法人名特定非営利活動法人 守の会
代表者名森田純一 (理事長)
法人所在地〒236-0012
横浜市金沢区柴町384-10ベイサイドシティ101
ホームページhttp://www.morinokai.yokohama/
問い合わせ先担当者名 森田竜一郎
電話045-701-5003 FAX045-790-1605
e-Mail morinokai1997@gmail.com

事業所概要

事業所名介護福祉サービス守の会・介護支援サービス守の会
所在地〒236-0012
横浜市金沢区柴町384-10ベイサイドシティ101
サービス種別訪問介護・居宅介護支援
介護保険事業所番号1470800135(訪問介護)
1470800309(居宅介護支援)
問い合わせ先担当者名 森田竜一郎
電話045-701-5003 FAX045-790-1605
e-Mail morinokai1997@gmail.com

アルバム